ゴミ屋敷状態からの遺品整理

2018/08/01

ゴミ屋敷化した部屋の遺品整理

まごのてでは遺品整理業務も行いますが純粋に「遺品整理」のみの相談や実作業は少ないです、必ずゴミ屋敷化しているか特殊清掃が絡みます。

ゴミ屋敷、特殊清掃=まごのてが世間の図式なのかもしれないですね。

ゴミ屋敷化してる場合の遺品整理はひと手間加わるんでどうしても時間とお金が余分に掛かってしまいます、<まごのて>では原則お客様と一緒に作業を行いますのでゴミ屋敷化してる場合はまずはゴミを撤去し床面を出すところから始めないといけません。

もちろんそんな時間が取れないという方も多いですので並行で行うことも可能です。
 

横浜市都筑区でゴミ屋敷状態での遺品整理

2年ぐらい手つかずのまま放置していたという戸建の4LDK、かつては家族4人で住んでいたが晩年は両親だけとなり先にお父さんが亡くなり、3年間で母親はゴミ屋敷化させ亡くなったというものでした。

長く住んでいて元は多人数で住んでいた場合はどうしても全体量は多くなります、人は生きてきた歴史の分だけ物を持ってるものです。
それプラス晩年のホーディング癖が相まって1階は玄関からそれなりの様相でした。

こんな場合の作業ポイントは貴重品と思い出の物のピックアップです。

高齢者の場合は思いがけない場所に思いがけない物があるのが通例なんで気が抜けません、この現場でもスーパーの袋の中からお菓子や腐った食品と一緒に大量の小銭を発見したり、雑誌の隙間から封筒に入ったお金が出てきました。

ひとつひとつはたいした金額ではないけど合わせると結構な額になります。

その他かつての子ども部屋(依頼者の部屋)からは思い出の物も数点ピックアップできました、たとえどんな状況だろうと生きてきた証はちゃんとピックアップできるのです。


ゴミ屋敷状態の中で遺品整理


ゴミ屋敷で遺品整理
 

ゴミ屋敷状態からの遺品整理を依頼されたお客様

先日は母の住む自宅の清掃で大変お世話になりました。急なことでどうすればいいのか分からない状況でしたが、まごのて様が私のサポートまでしてくださりましたので本当に助かりました。

母は一人暮らしをしていましたが、認知症もあったので介護サービスをいくつか受けながら生活していました。ここ数年は認知症の進行もあって、外出先から自宅に戻れなくなって保護されるようなことも増えて、役所からGPSをお借りしている状況でした。

認知症になってから特に人とかかわることが難しくなり、ヘルパーさんたちも苦労なさっていたようです。本人は買い物が好きで必要以上に買い込むようになり、ヘルパーさんが止めると逆上してまで買い込んでいたのです。自宅にものが増え、ヘルパーさんが整理しようとしてもさせてもらえませんでした。そのような中でどんどんゴミ屋敷となっていったのです。

数か月前にはもう自宅での一人暮らしが難しくなり、ショートスティを利用することが多くなりました。その施設で転倒し骨折、病院に入院となりました。不運なことに、病院の食事で喉を詰めて亡くなってしまいました。本当に急なことで驚きました。

そのような中でしたので、どのように対応すればいいのか分からない状態でした。母の葬儀を済ませ、ゴミであふれかえっている母の自宅をみて呆然としました。

そんなときにたまたま見た番組にまごのて様が出演されており、ゴミ屋敷の清掃について話をされていました。インターネットで検索してみると、ちょうど同じエリアでしたのでお願いすることにしたのです。

私も一緒に掃除と遺品整理を行わせていただきましたが、本当に綺麗な部屋に戻していただき驚いています。遺品整理では私にいろいろと確認しながら丁寧に進めてくださいました。母の形見もいくつか手元に残しておくことができますので、本当に満足しています。

メニュー

会社情報

特殊清掃専門
◇株式会社まごのて
東京都江戸川区北葛西3-5-6
03-4405-5420

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

 

お問い合わせ

PAGE TOP