ゴミ屋敷片付け|年間依頼件数が一番多い地域は?

2018/08/01

ゴミ屋敷発生の地域差は存在する

杉並区のゴミ屋敷片付けは年間実績No1地域です

杉並区のゴミ屋敷片付け、ゴミ部屋片付け、汚部屋片付けは2017年実績41件とダントツトップです、なぜ杉並区がこんなににも多いのか?

街自体の歴史も古く新旧住民が入り混じる地域性もあってか若年層から高齢者世帯まで様々な案件が多いです、平均価格も30万円台中盤でこれは比較的大規模な案件が多いということです。

またご依頼の年齢層も高目で近隣の中野区、武蔵野市にくらべて10歳近く高いのも特徴的です。

そんな中でも印象的な現場は松庵の戸建てのお片付けでした、これは行政機関からの相談が発端となったもので依頼者は重度の障害のある女性ですがゴミ屋敷状態のため家に入れずホームレスのような暮らしをしてるということでした。

杉並区役所福祉課との連携により実現した案件でもあり作業はまごのて、廃棄物の処理は行政側という原則的な方法を試したのもこの案件でした。

杉並区内での作業はさすが依頼件数No1地域ということもあり話題には事欠きません、阿佐ヶ谷南という町名で1週間に9件重なったことや同じく桃井、上井草、西荻窪と半径2Kmエリアで同日施工となった時には奇妙な感じがしたものです。

また3年越しで手こずっているいわくつき物件も杉並区内で町内会、消防、警察まで巻き込んで説得にあたってますが未だに着手に漕ぎつけません。
テレビ各局も注目しており有名な名古屋のゴミ屋敷が解決しそうなこともあり次はコチラではないかと思っています。

杉並区のゴミ屋敷片付け
杉並区のゴミ屋敷片付け

0344055420

行政代執行されたゴミ屋敷を考察

「ゴミ」に対するそれぞれの視点

横須賀市のゴミ屋敷に対して8月28日行政による代執行が行われました。

このことで数社のマスコミからコメントを求められましたがこのようなコメントなんてどの立場で見るかによって変わる。

代執行が執り行われるということは少なくとも3者の思惑があるはずです、それぞれの立場で考察してみたいと思います。
 

ゴミ屋敷,行政代執行

 1.本人

テレビの映像から察すればおそらく近所から拾い集めて来る収集癖のようにも見える、ただ我々からすればそんなに騒ぐレベルではないような気もする。
現場を目で見てないからわからないが50代ということから勤めてるか自営なのか何らかの社会とかかわりがあると考えられる。

この方もしかしたら家の中はキレイかもしれない、停めてある車もキレイだし玄関の扉もそんなに汚れてない、自分の生活の中から発生したゴミであればもう少し荒れた感じになる。

神奈川,ゴミ屋敷,執行

 

代執行前と思われる状態がこの写真ですがやはり収集癖だと思う、50代という年齢から考えて高齢者にありがちな「もったいない」意識や名古屋ゴミ屋敷のおじさんが言ってた「資源」という意識もおそらくない。

さまざまな要因が収集癖にはあるが「自己承認欲求」の表れのような気もします、無粋な言葉で表現すれば「構ってちゃん」です、もしこのタイプであれば早晩繰り返すのは目に見えてます。

2.近隣住人や第三者

今回の代執行で報道した局はいくつかあったのですが吉本新喜劇の小藪さんがこんなコメントを言ってました。
「面白がっているだけの報道は良くないのではないか。確かにこの住人は周りに迷惑をかけているが、ちゃんと真面目にできる人の発想だけで責めてはいないか」
これは報道スタンスに対する苦言なんですがこうも言ってました。
「大多数(ゴミ屋敷ではない人)がお前はおかしい!と攻め立ててるように見える、少数派もいることを認めてもいいのでは」
この意見はちょっと首を傾げざるを得ない、確かに大多数こそ正義という風潮はある。
ですがこれは近隣に迷惑を掛けてるゴミ屋敷です、この理論でいけば少数派である痴漢も幼女に手を出す変質者まで個性だからということになってしまう。
ダメなもんはダメ!という考えは絶対に必要と考える。

近隣住人は大変だったと思う、都内でも同じような例にかかわったことがありますが取引地価は下がるは通学路は変更しないといけないで暮らすだけで負担を強いられてる状況はやはり看過してはいけないのです。

3.行政

当事者の側面もある行政側、昨今各地でゴミ屋敷に関する条例が施行されてますが行政内部に専門部署を置いてるところはほとんどありません。
だいたいはゴミの関係部署が対応してます、一部は公害などの部署。

今回の横須賀の代執行でも100回も勧告したということですのでその労力はすごいものだとは思うのですがさあ果たしてゴミや公害の部署の者がキチンと説得できるのかどうかと思うのです。

東京都内のある行政区では(ゴミ屋敷条例は施行していない)最初の対応窓口は環境課(ゴミの部署)が受けケースに応じて福祉課などの関係部署と連携を取るという方式を取ってます。
この行政区が行ってる画期的な手法として外部の専門家に適切なアドバイスを求めることを厭わないという点です。
手前味噌にはなりますがその中にはまごのても入っています、事実行政と連携して作業を行ったこともありますが代執行のような物々しいものではありませんでした当然こちらもお金をいただきました、依頼者(ゴミ屋敷住人)も喜んで片付けを一緒にしました。

このあたりの機知をわかってる行政はゴミ屋敷条例を施行しても上手くいく可能性が高いですがたした理念もなく条例を施行した行政はそのシステムは機能しないか早晩に破綻すると思われる。

もし本当に行政がゴミ屋敷問題に本腰を入れるのであれば必ず必要なこととして内部で本物の専門家を育成する、それが無理なら外部にそれを求めることが成功のカギでしょう。

 

【ゴミ屋敷の中高年ニート】

これはまごのてが保有する人気ブログからの転載です。

このblogにもたびたび登場させてるニート諸君、だいたい20代30代が多いけど中高年ニートもけっこう多いww長くこもってる分だけ部屋も荒れる、そして家族すら立ち入らせないから極限状態のことがほとんど。 

いろいろいたけど圧巻は40代後半就職歴ゼロ、親はそれなりの資産家で住まいは賃貸ビルの4~6階部分、元々は自身にあてがわれていたのは2DK1室、だいたい2~3年サイクルでそれを潰しては空室を占領、とうとう最上階の両親の部屋まで占領しだしたところでヘルプコールでした。

もう一つは2年掛かってまだ着手できない案件で50代のこれも就職歴ゼロニート、高級住宅街の戸建てで室内のみならず庭に大量に積み上げ要塞と化してる状態、テレビもたまに取り上げる有名物件。
 

これ以外にももちろんあるけど共通項がいくつかあって第一に親が資産家、つまり生活の保障がされてる人たちです、もう一つがなんとかなると希望的観測がすごく強い、おそらくですが幼少の頃から土壇場の最後には必ず誰かが助けてくれたんだろうね、いや土壇場までいった経験すらないかもしれない。
 

若年ニートもそうだけど着手時は暴れ回り荒れ狂います、そして必ずお母さんに懇願するような眼を向けるのです、母たちはその眼に騙され作業中止を告げるけど数日でまたやっぱりお願いとなります 女はその目に弱いヤツらはそのコントロール方法を本能的にわかってる、母ならなおさら

問題はお母さんにあります、数年越しで着手できてないとこなんて作業日を決めた尻からひっくり返してきますもん、ワタクシそのたんびに○○さんよりお母さんが長生きするんならそれでいいけどね!って突き放すんだけどどう考えてるのやら。 

ワタクシもなかなか子離れできないダメ母ちゃんだけど譲れない一線ってのは一応あるつもり。
 

この仕事を長年やってると困難事例というのはあるけどたいてい作業上の困難はどうにでも克服できる、でもこのニートとかそれを容認してる周りの人たちは感覚がズレてるというか人種が違うとすら感じる、だから意思を疎通させる困難はなかなか打開できないもんです、実際強行突破でやっても後でモメることのほうが多いもん 。

この中高年ニート問題は今後かなり表面化しそうな気がします、若年ニートは今までも働かせたり社会復帰させたりできた例もあるけど一定年齢を超えるとそれも難しいかもしれない、私はただの掃除屋のおばちゃんだから依頼があれば感情を殺して淡々とやればいいんだろうけどやっぱりそうはいかない、接する機会があるということは多分使命だと思うから。


メニュー

会社情報

特殊清掃専門
◇株式会社まごのて
東京都江戸川区北葛西3-5-6
03-4405-5420

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

 

お問い合わせ

PAGE TOP