• トップ
  • ゴミ屋敷片付けの実例集|引越前、孤独死、犬猫屋敷

ウソやろ!いやホンマや!ゴミ屋敷でもここまでキレイになるんです

どんなごみ屋敷状態でも絶対キレイになる!

倉庫系ゴミ屋敷片付け(東京都江戸川区)

ゴミ屋敷の類型:倉庫系
本人の希望:モノが多くスッキリさせたい。
<作業前の所見>
明らかなゴミが多いわけではないが全体的にモノが多く乱雑、部屋のキャパを完全にオーバーしている状態。
現在は不衛生な状態とか生活に支障をきたすレベルではないがこのままだと進行する可能性が高い。

ゴミマンションの片付け作業、引越も視野に入れてるということだったので要不要選別をしっかり行いとにかく床面を広く出すということに重点を置いた。


<作業方法>
引越も視野に入れてるということだったので要不要選別をしっかり行いとにかく床面を広く出すということに重点を置いた。
捨てないけどすぐ使わないというものはとりあえずダンボールに入れいつ引越してもいいように梱包した。

<料金>
要不要選別、不要物廃棄、水回りと床クリーニング 219,000円

作業内容は要不要選別、不要物廃棄、水回りと床クリーニング

1DKの有機系ゴミ屋敷(神奈川県横浜市)

ゴミ屋敷の類型:有機系
本人の希望:ゴミの中に必要なモノも混じってるので救出したい、水回りも汚れ切っていて家に帰るのが憂鬱。

<作業前の所見>
玄関から廊下は明らかな普通ゴミ、居室部分は本人の言う通り必要なモノが混じってる状態、ゴミ部屋の方には多い行動パターンですが寝床(ベッド回り)に必要なモノや普段使うモノを集中して置くことが多い。
 

有機系ゴミ屋敷の片付け、本人の希望:ゴミの中に必要なモノも混じってるので救出したい、水回りも汚れ切っていて家に帰るのが憂鬱。


<作業方法>
所見通り明らかなゴミの部分と必要なモノが混じってるエリアがはっきりしていた、今後快適に暮らせるよう不衛生な物は徹底して排除という方針で行った、本人が必要とジャッジした中にかなり汚れていた物もあったため説明し処分した物もあった。
汚れた物や不衛生な物はきっぱり諦めるという心構えも必要です。

<料金>

要不要選別、不要物廃棄、水回りクリーニング 281,000円

有機系ゴミ屋敷片付けの作業内容は、汚れた物や不衛生な物はきっぱり諦めるという心構えも必要です。

糞尿系ごみ屋敷団地2DK(東京都練馬区)

ゴミ屋敷類型:有機系
本人の希望:気づいたらゴミ部屋に!どうしてこうなったのか本人もわかっていない、とにかく一度一掃したい。

<作業前の所見>
明らかなゴミ部屋、本人申告でもあったように尿入りペットボトルがある(ションペット)しかも相当量あることから全体の汚染も進行してると思われた。

このような場合は救出することができない物が多い可能性がある。

団地のゴミ屋敷片付け、

<作業方法>
必要な物は本人が前日までに逃がしたということなので一応チェックをしながらどんどん廃棄、思った通り汚染は広範囲であった。
尿入りペットボトルは作る過程はもちろん気づかぬうちに漏れだしてることも多く想定通り救出できた物は限定的であった。

予算の関係上やれなかったことが多い現場でもあった、尿入りペットボトルは自分で抜く、水回り清掃も自分でやるということでしたが果たしてどうか?
※床のポリッシングはまごのてで施工

<料金>
要不要選別、不要物廃棄 325,000円※尿入りペットボトルありで作業費は割増

<もし尿入りペットボトル回収と水回りクリーニングを行っていた場合>
水回りクリーニング一式:50000円 
尿入りペット処分費:120,000円
総合計:495,000円

団地のゴミ屋敷を片付けたが、尿入りペットボトルがあったため傷みが激しかった

倉庫系ゴミマンション2DK(千葉花見川区)

ゴミ屋敷類型:倉庫系
本人の希望:生活に支障があるレベルになってしまった、急な来客があるため急いでキレイにしたい。

<作業前の所見>
趣味の物が多く本人にはあまり処分するという気持ちはない、どちらかと言えば持ってることで安心するタイプ、このような場合は作業そのものは難航する可能性が高い。
本人が完成形をイメージできてないのでこちらから誘導しながら行う。


倉庫系ゴミ屋敷の片付けは難易度が高い

<作業方法>
要不要選別の判断はお客様しかできません、ですからその判断がでるまで作業者は動くことができません。
こんな場合はこちらがどう誘導するかにかかってます、選別の方法としては使える、使えない、要る、要らないで判断させるとまず進みません、本人たちにしてみれば不要な物も使えない物もないのですから。
こんな場合の判断材料の与え方は無くて困るか、困らないかです。

<料金>

要不要選別、不要物廃棄、水回りクリーニング 347,000円

倉庫系ゴミ屋敷の片付け完了

戸建4LDK有機系+倉庫系ゴミ屋敷(埼玉県川口市)

ゴミ屋敷類型:有機系+倉庫系の複合型
本人の希望:家族三人暮らしだが使える部屋がすでに1部屋しかない、もっと家を有効に使いたい。

<作業前の所見>
本人曰く片付け下手掃除下手が高じてこうなったというが果たしてそうなのか?衛生状態も極めて悪くこの中で子育てをしてるのはいろんな意味で危険です、生活習慣まで含めた対策が必要であった。


ゴミ屋敷の片付け、家族住まいの4LDK

<作業方法>

まず作業日は家族全員が揃う日をチョイス、これはみんなで作業しながら指導もするという方法で行うため。
当日はそれぞれに担当をべったり付け一応自身のテリトリーという場所を一緒に指導しながら片付けた。
ゴキブリも多く衛生状態もひじょうに悪かった、確かに共働きで大変だとは思いますがご飯すら作れない状況はけっして良いわけはなく誰も幸せにならない家の典型でした。

<料金>
要不要選別、不要物廃棄、水回りと床クリーニング、ゴキブリ駆除、除菌消臭
1,180,000円

やはり家が広いので量もそれなりにありまたゴミ質や作業環境も悪かったたため高額になりました。
作業完了後60万円を入金いただきその後残金を10回で払うということになりましたがなんと5回目で残金一括完済です。
どうしてかと聞くと今まで外食やコンビニ、スーパーの総菜に頼ってたものが自分でやるようになってその分のお金が浮いたから、ということでした。


ゴミ屋敷片付けの本当の目的は繰り返させないこと

2DKアパートゴミ屋敷化してる中で孤独死(東京都調布市)

ゴミ屋敷類型:有機系+孤独死20日

<作業前の所見>
ゴミ屋敷化してる中での孤独死は年間相当数発生します、部屋の当事者が故人となってる場合はゴミ屋敷片付けというより遺品整理の要素もあり綿密な計画と提案が必要です。

 

ゴミ屋敷化した部屋で孤独死は発見遅れの原因 孤独死現場のゴミ屋敷はまず、特殊清掃を行う

<作業方法>
孤独死などがあった場合はまず『特殊清掃』が必要です、これは遺体から出た腐敗体液などを除去し臭いや虫などを止める作業です、孤独死で腐乱化となると目に見えない菌やウイルスが浮遊してますので関係者を守る意味でも必須です。

次に明らかなゴミや不要な物を撤去します、次の工程である遺品整理をスムーズに行うためです、遺品整理作業も我々で行う場合は同時進行でもいいのですが遺族が見分できる時間を作ったほうがいいだろうと判断し、それが可能な状況を作ります。

遺族が貴重品や形見チェックのあと再度チェックをしながら部屋の中を空にしていきます、いくらもう何も出ないと言われても探しながら行います、経験則ではそのように言われた場合でも何らかの忘れ物が出る確率は70%以上です。

<料金>
特殊清掃一次処理費用:85,000円
ゴミ片付け費用:287,000円
遺品整理、遺品回収:195,000円
その他:オゾン除菌、水回りクリーニング:110,000円


まごのての特殊清掃サイト

まごのての遺品整理サイト

 

犬屋敷の片付け。大型犬10頭多頭飼いの部屋の惨状

 

期限が迫ったゴミ屋敷片付け。引越、点検、来客

 

高齢者や引きこもりのゴミ屋敷の具体的事例

高齢者宅のゴミ屋敷

根本的な原因は別として様々なパターンがあるのが特徴です、単にもったいないからと使わなくなった家具や家電、生活用品を溜めてるのが基本形ではあるがそこに生活ゴミが溜まりだしたり近所から拾い集めてくるようになったりペットの多頭飼いなどに発展し本人はもとより親族や福祉関係者もお手上げとなってるケースが多いです。

 

ペット多頭飼いのゴミ屋敷

2DKマンションのこと70歳代の老婆一人暮らしで猫が30頭飼ってるという状態、室内は糞尿が堆積しており高いところは40cmもの糞塚となっていた、大量のハエ、ウジ、ゴキブリが発生しており衛生面は最悪の状態であった。
 

 

収集癖が高じたゴミ屋敷

戸建てで一人暮らしの70代男性、基本的には捨てれないだけの溜め込み症候群であったが近所のゴミ置き場から持ち帰るようになった、庭には電子レンジなどの小型家電やペットボトルや缶などのいわゆる資源ゴミが山となっており室内も同様の状態であった、食品系廃棄物1500Kg、小型家電だけで4500Kg、新聞が20年分、その他廃棄物3000Kgもの量を搬出した。
 

痴呆症が原因とされるゴミ屋敷事例

40年同じ部屋で暮らす80代老婆、家具や家財の類いは比較的少なめであったが食品の放置や排泄が上手く出来なかったため数年経過したと思われる生魚や肉のパックが大量に放置されベランダには何かを煮たと思われる鍋が10数個そして自身が使用したであろう紙おむつがユニットバス内に大量に積まれていた、異臭もさることながらウジの発生が大量に認められた。

 

死亡事故になったゴミ屋敷事例

部屋の状態は倉庫系+有機系ゴミで居住スペースは2DK中1畳にも満たない状態で動線となる部分はすべて頭上高さまでモノがある状態でなおかつ足場はゴミを踏みながらという状態であった、弊社はケアマネの依頼により片付けの説得を試みたが前向きにはならずのらりくらりと交わされていた、ある日その方が部屋の中で亡くなったとの知らせを受け状況を聞いたところ足下のゴミにつまづき転んだ時に積み上げていたモノが崩れその下敷きになったようである。

※この事故を受け命に危険があったり周囲に著しい迷惑を掛けてる場合は必ずしも本人の同意を必要とせずとの社内の特例を設けた。

引きこもりやニートのゴミ部屋

社会問題となってる働かずに実家に寄生しているニートと呼ばれる者たち、今までは比較的若年層がクローズアップされていたが近年いわゆる中高年ニートも問題になってきました、経験上この方たちの部屋も例外なく荒れており部屋は心を写す鏡であるとつくずく感じる。
 

<20代の引きこもりの例>

マンションに家族と住んでいるが大学中退後20歳の頃より8年間引きこもっている、家族と食事を取ることもなく自身は夜中にゲームをし両親が仕事に出かけた頃起き食べ物を物色しまたゲームやネットに興じる生活のようであった、6畳の部屋はコンビニゴミや雑誌で溢れその高さは身長にまで及んだ、そしておしっこをペットボトルにしておりその数およそ300本もの量になった。
 

<40代後半中高年ニート>

両親はすでに他界しており親の遺した戸建てに一人で住み遺産を食いつぶしながら生活をしていた、けっして大きな家ではないが生活ゴミが堆積し20代ニートと同じく尿入りペットボトルが1000本以上出てきた、近所の人たちは気味悪るがっており通学路を変更したという話も聞いた。
 

これらの問題は親の対応としか言いようがない、同じ家に住みながら部屋の様子を把握していないというのも問題ではあるがこの者たちはおしなべて親に対しては暴力的であることから外部に向けてのSOSが出しにくい状況になっている。

尿入りペットボトルが多いのも特徴でこれはまともな神経の持ち主ができることではありません、人は社会との関わりがないと人間そのものが壊れてしまうんだと感じさせられます。
 

ゴミ屋敷化するのは病気の症状なのか?

病気が元で部屋を片付ける気力がなくなりゴミ屋敷状態になる例は多くこの場合は本人を受診させ治療する、その間に部屋を片付け治療できる環境を作るという流れが正しいです、つまり第三者の介入が必ず必要です。

当人以外がゴミ屋敷状態を認知した場合、このような病気を疑うことも必要です、最近の高齢者ケアではまずセルフネグレクトであると結論付けるのが一般化してますが、その考えは時には大きな間違いの原因となります。
ゴミ屋敷を発見したり、その兆候が現れたらその影に病気がないか等のキチンとしたアセスメントが必要です。


東邦大学岸恵美子教授のセルフネグレクトの見解

実際にゴミ屋敷片付けをご利用いただいたお客様の声

地域包括支援センターからのご紹介のお客様(高齢者宅ゴミ屋敷片付け)

江戸川区にお住まいの40代の女性、梅田さん

お部屋を綺麗にしていただいて、本当にありがとうございました。

同居の母親の具合が悪くなり、それ以来私がつきっきりで介護をしてきました。介護サービスに依頼するのが嫌で、私が頑張って介護してきたのですが、それが良くなかったのかもしれません。

母は認知症の症状も出てきて、夜眠れないようになりました。気がつくと、おむつの中にある便を手で掴んで、周りを汚していることもしょっちゅうありました。仕方がないことだとわかっていても、どうしても辛くなってしまい、 丁寧な介護が出来なくなってしまいました。

介護のストレスから家事全てできなくなり、食べるものは全てスーパーやコンビニのお惣菜ばかり。ゴミ捨てや掃除も全くできないようになりました。

母親が使った紙おむつもトイレの中に放置して、そのままにしてありました。

そんな時に、近隣にある地域包括支援センターの方が訪問され、介護や自宅の状況を把握されました。このままではダメだと思ったのでしょう、福祉の方の勧めでまごのてさんに掃除をしてもらうことになりました。

福祉の方には、母の介護サービスを勧められ、今では元気にデイサービスに通っています。
私は綺麗になった家で、しっかりと家事ができるようになり、今でもパートに出ることもできるようになりました。

仕事とはいえ、こんなに荒れ果てた家の掃除はイヤだろうと思ったのですが、嫌な顔ひとつせず、丁寧に打ち合わせや料金の説明をして頂き、安心してお任せすることができました。

掃除が終わってからもまごのてさんから電話を頂いて、部屋の状況などを気にしてくださいました。感謝で涙が出ました。
 

埼玉県所沢市に住む60代の男性(ゴミ屋敷片付け依頼)

姉の自宅の整理をしていただいてとても感謝しています。 姉が住んでいた自宅は、ゴミが天井まで達するほどのゴミ屋敷で、どのように生活をしていたのかもよく分かりません。

姉はとても頭が良く、大企業の重役になるほど学業やビジネスにおいて優れているところがあったのですが、どうしても片付けだけはできませんでした。

ゴミ屋敷としての状況はひどく、近所からも度々「ゴキブリがたくさん出る」「火事になったら危ない」などと、私のところにもよく連絡がありました。私からも本人に強く話をしていたのですが、治ることはありませんでした。

先日入院した際には、元気に退院する頃に部屋を綺麗にしておこうと思っていましたが、病気の状態は悪く、先日亡くなってしまいました。

私は姉の家に住んでいたわけではありませんので、自宅がどのようになっているのかさっぱりわかりません。そのため片付けに対して途方に暮れていたのですが、自治会の会長さんから紹介されたまごのてさんに依頼することにしました。

あまりにひどい部屋でしたので、断られるかもしれないと思っていましたが、とても慣れておられる様子で、どのような作業になるのか丁寧に説明していただきました。

同時に遺品整理もお願いしたのですが、姉と私が写っている写真だけ欲しいといいました。どこにあるのかさっぱりわかりませんでしたが、カーペットの下から綺麗な状態でアルバムが出てきて、 本当に嬉しく思いました。まごのてさんが丁寧に探してくださったから見つかったのです。

小さい頃の姉との思い出を噛み締めています。本当にありがとうございました。

 

ADHDの方のゴミ屋敷片付け事例(ゴミ部屋片付け)

大田区にお住まいの50代の女性

この度はまごのて様に息子の部屋を掃除していただき、誠にありがとうございました。息子共々大変喜んでおります。

私の息子は ADHD( 注意欠如多動性障害)と言われる発達障害であると診断されています。どうしても一つの事に集中できず、特に部屋の片付けは本人がしようと思っても全然できず、片付けようとすればするほど散らかってしまう状態でした。

子供の頃は息子のだらしなさだ、と病気のことについて理解してやることができず、厳しく当たっていました。本人も同じようなミスを繰り返しますし「なぜできないんだろう」と悩んでいました。

大学生になって、部屋に引きこもってしまうようになりました。最初は無理やり部屋から引きずり出していましたが、本人が暴れるようにもなり、部屋から出すことができなくなってしまいました。

このような状況を友人に相談すると「発達障害じゃないか」と言われました。行政に相談し、 支援センターを通じて診断してもらい、ADHDだと判明しました。

息子のためには、部屋をきれいにすることからだと考えました。私たちが息子の事を理解し、息子自身が立ち上がることができるようになるためには、まずそこからだと考えたのです。

久しぶりに息子の部屋に入ると、足の踏み場がないどころか、寝床以外はゴミの山だったのです。行政で教えてもらったまごのてさんに連絡すると、すぐに打ち合わせのために駆けつけてくれました。

本人とも話をしてもらい、本人も納得して掃除をしてもらうことができました。そこまでしてくれるなんて本当に感謝でしかありません。

今では少しずつですが大学にもいけるようになりました。 本当にありがとうございました。
 

渋谷区にお住まいの20代の女性(ゴミ部屋片付け)

私は、都内で風俗嬢をしています。自宅のマンションから夕方に出勤し、朝方に帰宅する毎日を送っています。

夜の仕事のせいか、昼間は何をする気も起きず、ただひたすら眠っていて、夕方になればまた出勤します。その繰り返しです。そのため家事は一切する気になれません。ここ数年は、洗濯以外何もしていない状況でした。

そもそも片付けるのがとても苦手で、ゴミ出しの日があったとしても、「また今度でいいや」と思ってしまう性格です。 自宅でいるときは、常にゴロゴロしていますから、どんどんゴミが溜まっていきました。

基本的に調理もせずに、いつもコンビニで済ませます。そのため部屋の中にはお弁当の容器や、おやつの包み紙などが散乱している状態でした。

またストレスが溜まる仕事ですので、出かけた時には洋服やアクセサリーなど次々と購入してしまいます。収入はそこそこあるはずなのに、いつも全然足りません。買ったものは、そのまま散らかしていました。

ある日、大家さんから「変な匂いがする」と言われ、部屋の様子を見られました。その時すでにゴミ屋敷状態でした。大家さんはカンカンで、「片付けないなら出て行ってほしい」 と言われました。

大家さんの紹介でまごのてさんを利用して部屋をきれいにすることになりました。孫の手さんの対応はとても丁寧で親切でしたので、綺麗にしてくれるんだったらいいかなとお任せする気持ちになりました。

びっくりしたのは掃除中にタンスの中から、とてもたくさんの現金が出てきたことです。そんな大事なことも忘れてゴミ屋敷にしてしまっていたんですね。

綺麗にしていただいた後も、家事は思うようにできていませんが、ゴミはたまらないように気をつけています。綺麗にしていただいてありがとうございました。

渋谷区のゴミ屋敷片付け

東京都練馬区で施設入居前のゴミ屋敷片付け

賃貸住宅の大家をしています。入居されていた80代の男性が、老人ホームに入居するにあたって退去されることになりました。退去前に福祉の方から相談があり、自宅内はゴミ屋敷になっているということでした。

退去されるご本人と相談して、ゴミの回収や清掃をしてくれる業者に依頼することになりました。初めてのことでどこに依頼すればいいのか分かりませんでしたが、福祉の方から紹介があって、まごのてさんにお願いすることになりました。

電話をし、大まかな概要を伝えると、電話だけで概算費用を教えていただけました。福祉の方にその費用を確認すると、ご本人の支払いも可能だという返事をいただけたので、依頼させていただくことになりました。

住居の状況を確認すると足の踏み場がないぐらいのゴミ屋敷状態でした。ゴキブリも多く、ニオイもひどい状態でした。「本当にキレイになるのだろうか」と清掃の当日までは、そのように感じていました。

清掃の当日には、担当のスタッフの方がゴミの片付けや清掃の方法、回収や処分にかかる代金について説明してくださいました。

また作業の前に料金確約書を交付してくださり、福祉の方も安心されていました。電話での概算費用通りでした。福祉の方にも立ち会っていただく中での作業でしたが、とても手際が良く納得できる清掃をしていただくことができました。

本当に助かりました。また別の部屋で何かあった際にはご依頼させていただきたいと思います。

ところでゴミ屋敷の法的な定義とは?

ゴミ屋敷の数はどれぐらい?

現在、東京だけではなく各自治体で『ゴミ屋敷条例』というものが施行されてますが、実は法的なバックボーンはありません、もっと言えばゴミ屋敷の明確な定義すらありません。

明確なものはありませんが一応の定義としてごみが野積状態で放置された建物もしくは土地のこと、となっており、これは平成20年に東京市町村自治調査会が定義づけました。

ですが、この定義は実態とはかけ離れており、『ゴミが野積み状態』と表現されてることから戸建住宅のゴミ屋敷を想定していると思われます。

ですが、昨今の主流はマンションやアパートなどのいわゆる隠れゴミ屋敷で外部からは認知できないものが大多数と考えることができます。

では、どれぐらいの数のゴミ屋敷が存在するのか?

これも明確な数字はありません(法的根拠と明確な定義がないのですから明確な数字はないのは当たり前)

ですが、少し古いデータですが国土交通省が行った調査で回答のあった1200市町村で約21%でゴミ屋敷状態を確認、また埼玉県が平成22年に行った調査では実に41%もゴミ屋敷を確認というデータも存在します。

ただし、これらの数値は人の感覚的なものに拠るところが大きく、おそらくマンション系のゴミ屋敷は含まれていませんので実態はもっと多いと考えていいと思います。

この埼玉県の調査には年代別分布も付されいますが30代未満で1.6%、40代から70代で80%という結果から見ても実態とは大きな乖離があるように思えます。

実態とかけ離れてると考える理由
我々が日々業務で扱う件数で言えば、まごのて施工全体の85%がいわゆる集合住宅で依頼者は80%が50歳までの世代です。(埼玉県の調査では75%が戸建と出てます)

埼玉県の調査の結果のみで考えれば、ゴミ屋敷化してるのは一戸建て住宅に住んでいる一人住まいの中高年層ということになってしまいますが、実態は真逆です。

真逆というより、マンション系のゴミ屋敷がこの調査で浮き彫りになってないと考えるのが妥当で、上記数字にマンション系ゴミ屋敷をプラスしたものが実態と言えます。

41%のゴミ屋敷認知件数からさらにマンション系を足せばいったいどんな数字になるのでしょう?単純に80%を超えるのか?

実際はそこまで多いことはないでしょうが、我々の感想としては戸建、集合住宅かかわらず総戸数の20%程度はゴミ屋敷化しているのではと考えます(ただし何をもってゴミ屋敷とするかの定義がない以上、自己申告と人の感覚によるものとなる)

近隣に迷惑を掛けてるゴミ屋敷は強制的に片付けるべきか?

名古屋のゴミ屋敷強制撤去を考える

名古屋の有名ゴミ屋敷がとうとう裁判所の強制執行が行われました、このニュースで勘違いされてる方が多いのですがこれは「ゴミ屋敷だったから強制撤去」になったのではないということ。

この件はあくまでも所有者の明け渡し訴訟によるものです、もちろん片付けるために戦略的に行われた行為だとは思いますがたまたまあのビルがあのおじさんの名義じゃなかったからできたことです。

<まごのて>でもよく似た事例を抱えています、都内某区の関係部署から相談を受けたのが3年前、住宅街にある戸建てで庭にゴミが山積みされ見た目も衛生面も害してる最悪な状態で近隣住民の怒りはピークに達してます。

当初は正攻法でそこの主を説得にあたっていたのですがまったく埒が明かず1mmたりとも進展しません、やがてその家の名義は住んでる方の母親と弟の名義であることが判明しその方面から説得を試みましたが接触することすらイヤということで八方塞がりとなっています。

現在各地でゴミ屋敷対策条例なるものができていますがこれは公道などにははみ出したりしてるモノに対して一定期間の勧告後に行政代執行が可能としたもので片付けられない人の支援ではありません。

この某区の件も近隣住民は条例などが適用できないか模索したようですが敷地内は一切手出しができないということで未だ解決の糸口は掴めていません。

私たちが見てきた中でもこれじゃ周辺がかわいそうだと思っても当の本人に問題意識がなければ何の進展もありません、もちろん本人の意思を尊重することは大切ですがそれを守るためその周囲が我慢を強いられる構図には甚だ疑問です、この辺りは法整備が必要ではないかと思います。

杉並区内の問題となってるゴミ屋敷

PAGE TOP